介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

介護に関する相談窓口を
社外に委託してみる

介護に関する相談窓口を社外に委託。
より相談しやすく、社員が情報を入手しやすい環境をつくる。


「家庭内の事情を職場では知られたくない」「カミングアウトすれば仕事の上でマイナスになるかも」と、まだまだ介護についてはネガティブなイメージが根強いのではないでしょうか。
そこで、介護に直面した社員がより相談しやすくするために、相談窓口を社外に委託するというのも一つの方法です。社内の人事・労務担当者が窓口だと、知識や経験に限界もありますし、社外の専門家であればより客観的にアドバイスをすることもできます。そして何よりも、社員がその意見を聞き入れやすいというメリットもあります。
会社として、そのような窓口を設置していることを周知徹底することで、会社が問題に取り組んでいるということを知らせ、介護の問題をより身近に、誰にでも起こりうる問題であると感じてもらうことができるのではないでしょうか。

 

2016/11/11「仕事と介護の両立を考えるオープン・ワークショップ」で挙がった
“企業が取り組めるアイデア”

介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

 

企業のアイデアを投稿する