介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

介護のための帰省費用を
会社が助成

遠方で暮らす親の介護のための帰省費用を会社が助成。
介護に直面する社員の負担を少しでも軽減し、仕事の効率もアップ。


都市部で生活をする人にとって、遠方に住む親の介護は、一緒にいられないことの不安で精神的が負担を大きくなることもあります。そこで、介護のための帰省費用を会社が助成している企業もあるようです。
定期的に帰省して実際に様子を見ることができれば、不安な気持ちを軽減することもできますし、近所とのコミュニケーションをとることで、何かあった時の準備をしておくことも可能になります。
また、遠隔介護の特徴として、介護保険適用外サービスを利用するケースが比較的多くなります。「介護を任せている人への配慮」「よりきめ細やかなサービスを受けるため」など理由は様々ですが、それに対する介護支援手当を会社が支給することも、社員にとってはとても助かる制度です。
保険外サービスなどでは、定期的に細かな連絡をもらうことができるので、安心して仕事に集中できるというメリットもあります。これは会社にとっても大きいはずです。

 

2016/11/11「仕事と介護の両立を考えるオープン・ワークショップ」で挙がった
“企業が取り組めるアイデア”

介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

 

企業のアイデアを投稿する