介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

仕事と介護を両立している社員に
ロールモデルになってもらう

社員にロールモデルになってもらい、
仕事と介護を両立するための工夫や制度の使い方などを社内へ発信。


実際に介護をしながら仕事をしている社員がいたら、社内のロールモデルになってもらいましょう。最初は引き受けてもらえない場合もあるかもしれませんが、その時は、今後の会社のための業務の一環として、協力をお願いしてみるのも方法です。
制度を組み合わせて効率的に取得する方法や、介護休業中に準備するべきことなど、仕事と介護を両立するためのポイントを、実在する社員をモデルにすることで、より具体的に社内へ情報提供することができます。また、制度を使いながら仕事と介護を両立している社員の存在は、他の社員の安心感にも繋がり、より身近な問題として介護を考え、実際に介護に直面した時の心の準備にも役立ちます。
ロールモデルの存在は、企業の人事や労務担当者にとっても重要です。実際に制度を使う社員の意見や要望を聞き、より「使いやすい制度」「使われる制度」にするための参考にしていきましょう。

 

2016/11/11「仕事と介護の両立を考えるオープン・ワークショップ」で挙がった
“企業が取り組めるアイデア”

介護しながら働く社員のために、企業が取り組めるアイデア。

 

企業のアイデアを投稿する